転職で年収UPする人は約3割という現実

「今よりもう少しだけ年収を上げたい」。転職を考える多くの人が、転職理由にあげるトップ項目です。
でも、実際に転職をした後に、年収の増減がどう変化しているかは、あまり知られていません。前職時代の年収額は人それぞれ大きく異なるので、金額の変化ではなく、増減率の変化だけをクローズアップしてみます。

最初に押さえたいのは、全世代を合計した転職前後の年収増減率。「増加4割:変化なし2割:減少4割」という割合になっています。ただ、年収の増減と転職の満足度は別物で、“人間関係”や“会社の経営不安”などが理由だった場合には、え年収が減少しても納得度の高い転職をしている方もたくさんいます。

次に年代別の増減傾向。35歳を過ぎてからの転職の場合、35歳以下世代に比べて、転職後に年収が上がる人の割合はやや少なくなります。

【25歳~35歳】 増加5割:変化なし2割:減少3割
【35歳~45歳】 増加3割:変化なし2割:減少5割

この数字を見ると、若い世代のほうが(前職年収額も低いこともありますが)年収UPしやすいことがわかります。

ただ、上記の数字は、あくまで“転職初年度”の変化で、35歳以上の方々であっても、転職2年目以降の年収は、「増加4割:変化なし2割:減少4割」と大きく盛り返します。
『転職初年度はお互いの期待値調整のために、やや低めの年収で入社し、受け入れ企業に実力が評価され始めた2年目以降に修正していく』というパターンが多いためです。

家族を守り、生活を維持していくために、前職と同程度以上の年収水準はゆずれない条件だ、という方はたくさんいます。ただ、“転職初年度だけ”は、実力を判断してもらう期間として一歩引き、業務の熟練度や、会社への貢献度で相応の評価を獲得してから徐々に年収を上げていくという考え方で、転職活動時の選択肢が広がるメリットも大きいので、ぜひ視野に入れておいていただければと思います。


cr40