Webで見つけた転職や仕事に関する記事のレビューです。2017年1月は以下の3件をお送りします。

  1. “キングコング西野さんが考えるスキルアップとは?”
  2. “嫌でも管理職になっておいたほうがいい理由”
  3. “2017年トレンド予測にあった「ライフフィット転職」って、なに?”

“キングコング西野さんが考えるスキルアップとは?”

お笑い芸人キングコング西野亮廣さんの著書「魔法のコンパス」が話題になっていますが、その西野さんが考える、仕事でのスキルアップのコツが面白いのでご紹介します。

上に抗う武器をもっていないと、自分の人生を他人軸で進められて終わり。そうならないためにも、僕は芸人のクセに絵本を描いています

(引用)“西野亮廣が考える、これからの働き方【インタビュー後編】(しごとなでしこ)https://shigotonadeshiko.jp/38985

西野さんは、「これはやりたくない仕事だ」と会社に言うときは、吉本興業に属していなくても活動できる環境を整えておくそうです。会社に「干すぞ」と言われても、他で食べられる食いぶちがあるから、会社と対等に交渉ができるのだそう。

また、スキルアップのコツは、ステージアップをすることだと言います。ステージを上げると、スキルは勝手に後からついてくると。

ステージアップには、今やっている仕事の範囲や規模を大きくしたり、社内で昇進する、転職して今よりも上の役職を目指すといった方法があります。周りの環境が自分を成長させるとよく言いますが、自分のステージを思い切って変えることが、結果的にスキルアップにつながるということです。

他人軸で仕事をさせられるのではなく、会社と対等な関係を保ちながらステージアップを目指すという発想は、これからの働き方だと思います。2017年どんなステージを目指すか、まずは考えてみてはいかがでしょうか?


“嫌でも管理職になっておいたほうがいい理由”

管理職が、若手社員からは敬遠される役職になっています。昇進しても思ったほど給料が上がらない、残業が増える、部下の育成に時間を取られるなどデメリットが多いように思いますが、それでも管理職になっておいた方がいいと記事にはあります。

戦略を立てて組織を動かしていったり、部下の育成をしたり。これらは現場の第一線に従事するのとは全く別の業務です。

(引用)“嫌でも管理職になっておいたほうがいい理由(ダイヤモンド・オンライン)http://diamond.jp/articles/-/112396

管理職のプレイングマネージャー化が進んでいます。自分も現場に立ちながら、目標達成のために組織をまとめるという立場です。ひと昔前であれば現場感がなくなっていても、管理職経験者というだけで重宝されていたのですが、今は現場感を忘れないようにキープすることが大切になっています。

管理職になると、部下だけでなく経営者や会社全体の立場で物を考えるようになります。自分だけの成果ではなく、チームや部署全体の成果を求められるようになります。業務範囲も広くなるので、より効率的な仕事と素早い判断が求められるようになります。キャリアにおいても、人間としても成長できるチャンスです。

嫌でも管理職を経験することで、転職市場において市場価値が高まります。しかし、管理職になっても現場感を忘れないよう注意が必要です。


“2017年トレンド予測にあった「ライフフィット転職」って、なに?”

リクルートが、2017年のトレンド予測を発表しました。キャリア領域では「ライフフィット転職」が注目されるそうです。

入社前の面談シーンでは、求職者が企業に勤務条件を交渉し、入社後もイキイキと活躍するケースが増えてきています。これまで、企業が提示する「一律の働き方」に適応してきた求職者が、生活と仕事のバランスをとった「多様な働き方」での活躍を念頭に、 能動的に、個別の勤務条件を交渉する時代が始まりつつあります。

(引用)“2017年トレンド予測にあった「ライフフィット転職」って、なに?(35歳からの転職)http://35career.com/post/4241

育児や介護、病気など「わけあり」な状態になっても、生活にフィットした働き方を選べる時代になるということのようです。

会社員は、自分のやりたいことを封印して企業側に合わせることが当たり前とされてきました。勤務時間、休日、勤務地など、働く側は何も考えることなく、企業側の提示に自分自身を順応させてきました。

しかし、優秀な人材を確保し続けるためには、企業側がこういった条件に柔軟に対応することが必要になりました。そういう時代になろうとしているのに、長年我慢することになれていた会社員は、自分が本当に望むライフスタイルが分からなくなっているように思います。

長時間労働が是正され、自分の時間が増えるようになったとき、自分の本当にやりたかったことを今こそ思い出す時期ではないかと思います。ただ会社に属するだけではなく、一個人としての自立が必要になりそうです。


CR40では、役に立ちそうな記事について、定期的にレビューを公開しています。気になる方は是非、Career Release40 のFacebookページをいいね!してフォローしてみてください。

cr40