先ごろ、「リーマン・ショック後に大きく落ち込んだ転職者数が、2016年、7年ぶりに300万人の大台を回復。人手不足やグローバル化で中年層の管理職らにも転職の門戸が広がっている」というニュースが注目を集めた。「転職35歳の壁」は本当に過去のものになったのか? 今回はそのニュースの裏側をひもとき、リアルな実態に迫ってみたいと思います。

「転職市場が大幅回復」という状況を整理

総務省が2月17日に発表した16年の労働力調査では、転職者数が前年より8万人増えて306万人となり、09年(320万人)以来の高い水準で、リーマン・ショック前のピーク(346万人)に向けて着実な回復が進んでいるそうだ。2月18日の日本経済新聞電子版の記事からポイントを抜き出すと、

  • 転職者数に占める35歳以下の若年層の割合はこの10年で低下が続く。
  • 45~54歳の転職者数は50万人と、統計を遡れる02年以降で最多。人数ではまだ25~34歳(77万人)を下回っているが、3年間で10万人も増加しテンポが加速。背景にベテラン管理職らのニーズの高まり。
  • 人材紹介大手3社の紹介実績によると、41歳以上の転職者数は16年4~9月期に3108人。前年同期比で27.4%増、世代別では25歳以下に次いで高い伸び率。
  • 転職サイト「エン転職」では、小売りや流通での求人掲載数が17年1月期までの1年間で前年と比べて42%増加。コンビニエンスストアなどの店舗拡大に伴い、おもに店長として働く管理職人材のニーズが強い。
  • インテリジェンスがまとめた1月の中途採用求人数は前年同月より23.4%多い約16万件で、26カ月連続で過去最高を更新。電気・機械の技術者が35%増、企画・管理も27.9%増。
  • 日本電産は技術力の強化に向け、2年間で課長級以上約1000人を中途採用する方針。アシックスは海外事業の急拡大に合わせ、13年から管理職の中途採用を本格化。

今の40歳前後は1990年代末から2000年代初めの「就職氷河期組」が多いため、企業内で経験を積んでマネジメント能力を高めた人材が上の年齢層よりも手薄とされ、管理職を外部に求めるケースが増えているのではないかという読み方まで書かれている。日本企業が成長の活路をアジアなどに求める中で、海外経験の豊富な中年層に人材を見いだしている面もあるという。

確かにこれだけのグッドニュースが数字付きの事実として並ぶと、ミドルの転職市場は非常に活況で、「転職35歳の壁」はベルリンの壁のように崩壊し、中高年人材も超売り手市場になっているかのように感じても無理はないかもしれません。しかし、実際のマーケットはそんなに単純でもありません。もう少し、詳しく見ていきましょう。

最近は45歳以上の転職が活発に。転職で賃金が増えた人が減った人を上回る。

マクロとミクロで大きく異なる温度差

転職支援サービスにご登録いただく方と面談でお会いしていると、以下のような状況で相談を受けることが日常茶飯事です。

「実際に活動を始めてみると、思ったより厳しいというのが実感です。20社以上の書類選考にすら通過しない。面接さえしてもらえないのかと思うと情けなくなります」(42歳、前職=通信機器商社・営業、転職経験3回)

「5年前に転職をしたときは、1カ月で3、4社内定がもらえたのですが、今回はかなり苦戦しています。希望年収などの条件を考え直さないといけませんね」(46歳、現職=食品メーカー・人事部長、転職経験4回)

「転職市場が活況」「35歳以上の壁崩壊」「中高年の求人も増加」というニュースは事実でも、やはりマクロの数字で見えていることでしかありません。35歳を超えた中高年の需要は、確実に高まっていますが、求人倍率としてはまだまだ低く、「以前よりだいぶ『まし』になっているが、とうてい売り手市場とはいえない」というのが現場のリアルです。

求人市場が活況になると、確かに「これまで需要が低かった層」でも需要が増える一方で、もともと需要が高かった層(ITや電気・機械・建築関連の技術者、スペシャリスト)の需要が沸騰して、超採用難というニュースと混在して出回ってしまうので、全体がすさまじく好転したように聞こえてしまう傾向があります。

マクロとミクロのギャップ、スキルごとに大幅に異なる需要のベースラインの状況をしっかり把握しておくことが、一人ひとりの転職活動という観点では非常に重要なポイントとなってきます。

楽観は禁物、慌てずに正確に市場を見切る

ご存じの通り、求人市場は、ほぼ景気とほぼダイレクトに連動しています。日経平均株価や物価、為替の状況など、景気指標に若干遅れるものの、ほぼリアルタイムに数字が動く遅行指標です。そして景気は、30年単位の長期スパンで見ると潮の満ち引きのようによくなったり悪くなったりを繰り返す波動を持っているものです。

3月13日にリクルートワークス研究所が発表した「雇用の現状」(2017年3月号)では、「就業者数は6470万人、前年同月と比べ46万人の増加。49カ月連続の増加」と、引き続き好調な雇用市場動向となっています。振り子はいつか必ず戻るとすると、この状況が逆回転する日はそう遠くないかもしれません。

35歳以上の転職では、業界や職種、あるいは現在の年収や役職ポジションなどの基本属性に加えて、年齢、過去の転職回数、地域間のギャップなども、実際の転職の難易度に大きな影響を及ぼします。また、産業構造で今後減少していく仕事や、逆に成長が予測される業界などの栄枯盛衰は続いていくでしょう。一方で過去に積み上げてきたキャリアなど、愛着がある仕事や自分ならではの「モチベーションの源泉」も大切です。

自分自身の現在の力量や今後の伸びしろも含めて、新聞やニュースで見るマクロの情報や、ミクロの情報(身近な知り合いの事例や情報)のどちらにも振り回されずに、ぜひ自身の行く末をしっかり見立てていただきたいと思います。

ただ、自分のキャリアを見立てるといっても、アナリストのように精緻な将来予測ができるわけでも、客観性の高い相場把握ができるわけでもありません。慌てず急がず、楽観せず、自分自身の仕事への価値観を整理して、納得いく仕事人生が送れる設計をしておくことが最も重要です。

変化を自分なりに予測し、変化を楽しむ余裕をもって、残りのキャリアに挑んでいくこと。それがこれからのミドルに求められる最重要なスタンスなのかもしれません。


※この記事は日経電子版「NIKKEI STYLE」に掲載されました。CR40を運営するルーセントドアーズ株式会社代表の黒田真行が執筆しています。

cr40