転職回数が多いのも不利ですが、ずっと1社で働き続けて、40歳を過ぎて初めて転職というパターンもうまくいかないケースが多くあります。

履歴書に年収を書くのはNG?

Dさん(43歳)は、大手自動車部品メーカーで購買課長として働いていました。業績が振るわず、外資系企業の資本が入ってリストラが行われることになり、早期退職制度に応募して退職。当時の年収は約1200万円でした。

購買の仕事を長く続けてきてスキルもあるので、希望は購買職でした。年収は1000万円以上。企業規模は小さくなってもいいとのことでした。

Dさんにお会いしたとき、最初に感じたのが、どこか「偉そうな人だな」ということでした。もちろん、面と向かって失礼なことを言ったり、礼儀がなっていなかったりということではありません。しかし、「客の方から」「買ってやってた」など、話し方や態度の細かなところで、「ん?」と思うような違和感を何回か覚えたのです。

購買というのは、営業の逆で買う側の仕事です。「買ってください」と頭を下げてお願いにくる人たちとばかり接していたためか、話し方や態度がどこか上から目線なのです。そんな対応が、自然と身に染みついてしまっている――そのような印象を強く受けました。

前に紹介した大手家電メーカーのAさんと同じで、Dさんも転職マーケットのことなど何も調べておらず、自分の言い値で強引に自分を売ろうとしていたので、その日は話を聞くだけにしました。

半年後に会ってみると、多少腰が低くなっており、希望年収も800万円に下がっていました。話を聞くと、案の定、人材紹介に登録して紹介された求人はどれも自分の希望条件を満たさないものばかりで、業を煮やして自分で求人サイトを見て探すようになり、会社名と職種を見て十数社応募しましたが、書類選考で落ちたり、面接に行っても年収が低いので自分から断ったりしていました。

履歴書を見せてもらうと、前職の最後の年収として1200万円と書いてあります。このように書いてしまうと、中小企業はこれを見ただけで、「うちには出せない」と採用をあきらめます。年収をわざわざ書いたがゆえに、書類選考で落ちてしまうのです。

その後、私も何社か紹介しましたが、採用にはいたりませんでした。早期退職制度に応募したので割増された退職金もあり、Dさんの転職活動はゆったりとしたものでした。

転職活動は大企業を辞める前に行え

結局、Dさんは、1年ぐらい転職活動を行い、先に辞めた先輩がいる会社に入社を決めました。業界も違う、職種も営業をしながら商品管理もするような仕事で、企業規模も小さな会社です。年収もおそらく600万円ぐらい。前職の半分になりましたが、それでも何とか転職できたのは、とりあえず良かったのではないでしょうか。

Dさんは、転職マーケットを調べもせずに早期退職制度に応募してしまいましたが、きちんと調べていたら、自分の相場がいくらぐらいかを認識して早期退職制度には応募しなかったかもしれません。

まだ会社を辞める前に転職の相談に来る人にはよく言うのですが、転職先が決まる前に現在の会社を辞めてしまうのは非常にリスクが大きい。求人が多い若い人ならまだしも、求人が少ない35歳以上の人は、転職先を決めてから会社を辞めることをすすめます。

特に、大企業に長く勤めている人は、自分の相場が転職マーケットでいくらかなど考えたこともありません。自分がもらっている年収が世間一般の相場だろうと思っていますが、それがそもそも違うのです。

超一流大学を出て大企業に入った人はプライドも高く、なかなか現実を受け入れられない人が多いですから、なおさら、転職先が決まってから辞めるほうがいいでしょう。

Dさんも、自分の購買のスキルによって何億円ものコスト削減を行ったと言っていました。購買のプロとして高いプライドをもっていました。しかし、それは大企業だからできたことであって、Dさんだからできたことではなかった。

Dさんは、自分のような購買のプロは少ないため、引く手あまたで、その中から条件のいい企業を自分が選んでやろうといった気持ちがあったようですが、現実はまったく違いました。転職の世間知らず、相場知らずだったわけです。

大企業にいると自分の相場がいくらなのかは、覆面で転職活動でもやらなければ、まず分かりません。大企業に勤めている人は、自分は分厚いシールドに保護されているようなものだと思い、その中にいるうちに外の転職マーケットの情報を集め、分析し、きちんと準備をしてから外に出ることを、私は強くおすすめします。

まとめ

何が悪かったのか

「転職マーケットでの自分の相場観が分からないまま、転職活動をしてしまった」

どうすればよかったのか

「大企業を辞めずに転職活動を始めればよかった」


cr40