厚生労働省が7月に発表した調査結果によると、2016年の日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳で、いずれも過去最高を更新した。今後まだまだ長寿化は続き、90歳まで生きる人はさらに増加していくはずだ。一方で、仕事生活の終着点である定年は約80%の会社が60歳だが、再雇用制度で契約社員として65歳まで雇用が延長されるケースが多い。ミドル世代が転職や起業などのキャリアを考える上で、この終着点からの逆算は非常に重要。今回は「仕事余命」を踏まえたキャリア構築の考え方をお伝えする。

3年先も見えないのに、10年先のことがわかるはずがない

転職を検討中の方とお会いしてキャリア相談をしているときに、必ず話題になることの一つに「今後のキャリアをどう描いていきたいか?」というテーマがあります。

3年後や10年後に自分自身がどうありたいのか? そのためにどんな手を打っていく必要があるのか? 本当に転職すべきなのか? 転職するとしたら、何を基準に探していくべきなのか?

転職活動を具体化し、成功させるためには、この「今後のキャリアをどう描いていきたいか?」という問いに、明確な答えを持っている必要があります。本当にその通りになるかどうかはわからない前提で、それでも自分の意思として未来の自分像を描いておかなければ、現状と理想のギャップの幅、向かうべき方向性、そのためにかかるコストを試算することすらできないからです。そうした見立てがないと、何もかもが行き当たりばったりになってしまいます。

ところが、実際には、

「3年後どうなっているかわからない。ましてや10年後のキャリアなんかわかるはずがない」

と答える方が意外に多いのが現実です。

ついさっき、過去の仕事での成功体験をインタビューしていたときは、10年前や20年前のことをついきのうのことのように答えていたのに、3年先の話になると、まるでSFの世界のごとく遠い未来のことと感じてしまうようです。いま40歳の方であれば、10年前の30歳前後の仕事の記憶が鮮明なように、それと同じスピードで10年後の50歳はやってくるのですが、どうしても不透明な要素が多いと考えづらくなるようです。

もう少し突っ込むと、「自分のキャリアをどう描きたいか?」という「能動的な意思」を質問しているのに対して、「未来はどうなるかわからない」という「受動的な予測(が不可能であること)」を答える方が多いのも特徴的な傾向です。

過去の成果に対しては「我がこと」として足跡に満足感を抱いていても、未来に対しては主体性を持ちづらいのか、持つことを避けたいのか、とにかく「未来の自分はどうありたいか」という問いは、本当に答えづらい質問のようです。

人生を6つの期間に分けて「残時間」を特定する

あまりにも未来のキャリアが想像つかない、考えること自体が難しいという方には、寿命を仮に90歳としたときのキャリアMAP(図参照)をもとに、さらに深くインタビューしています。

170929_01
90歳寿命で考えるキャリアMAP

全体像としては、

  • 第1期 生まれてから最初の10年は、体と心をはぐくむ「育成期」
  • 第2期 10歳から社会人3年目くらいまでを「学習期」
  • 第3期 25歳から45歳までの仕事人生前半が「加速期」
  • 第4期 65歳の定年リタイアまでの仕事人生後半が「安定期」
  • 第5期 80歳までのリタイア時代を「円熟期」
  • 第6期 90歳までの最後の10年を静かに暮らす「静活期」

と、6つの期間に分類しました。

誕生から寿命をまっとうするまで90年、45歳を中心にほぼ左右対称に前半3期、後半3期と分けています。「仕事余命」の基準値となる仕事寿命については、多くの企業で継続雇用の契約社員としての定年が終わる65歳とおきました。

こう俯瞰(ふかん)してみると、人生のスタート25年がウオームアップ期間、ラスト25年がクールダウン期間となるので、仕事人生は長いようで短いというか、正味では寿命の半分もありません。

たとえば現在が40歳の段階では、仕事人生の半分が近づいてきた状態で、新入社員から40歳までがあっという間だったと感じた人にとっては、それと同じ体感速度で気が付けば60歳になってしまうのだということを腹に落としていただくようにしています。

その段階で多くの方は、「過去20年があっという間だった」と言いながら、「3年後の未来のことなんか想像もできない」と言うことが矛盾していて、未来に対して目を背けすぎている態度かもしれないと、気づいてもらえます。

「何をやり遂げるために働くのか」という観点の重要性

具体的なインタビューの方法としては、65歳でのリタイアを念頭に、「65歳-現在年齢=残り○年」という数字を、自分自身に残された「仕事人生の余命=仕事余命」と置き、そこに到達するまでに何をなし遂げておきたいかという、「ありたい状態」を尋ねる形式です。

いつか必ずやってくる寿命や、リタイアの時期を明確化することで、「仕事余命」を強く意識していただき、後から悔やむことのないように、準備や意思固めをしていただく材料です。

約40年の仕事人生も、前半の20年と後半の20年では、身体能力の衰えもあり、同じ時間でも実際には質量が異なります。現在40代の方の場合、時代背景として、深夜残業をしてでも頑張ってきた前半20年と、徹夜したくてもなかなか無理がきかない後半20年では、「仕事余命」の残り時間の使い方は、若いころとは全く異なるものになることも、キャリアのつくり方を考える上で重要です。

このあたりまでの説明が終わると、がぜん、「仕事余命」に対するリアリティーは上がってきます。「想像することすら難しい、はるかなる未来」が「そんなに悠長にしていられない、短い残り時間」という意識変化が生まれ始めます。

リアリティーが高まってくると、計画は突然現実味を帯び、「仕事余命」から逆算した時間軸をいくつかに分けた計画が立てやすくなるようです。

  • 限られた仕事人生で、自分がなすべきことは何か?
  • どうせ働くならやり遂げておきたいことは何か?
  • 仕事の上で、どんな足跡を残しておきたいのか?

自分の中で「天職」とか「ライフワーク」とか「目標」などといったものが明確になるだけで、もやもやしていた気持ちが晴れて、転職するのか? いまの会社に残るのか? 起業するのか? ということで悩んでいた方が、意気揚々と帰っていかれることもあります。

長いようで短い仕事人生、最後に悔やまないよう、いかに時間を使いこなすかで、人生の満足度も大きく変わるかもしれません。


※この記事は日経電子版「NIKKEI STYLE」に掲載されました。CR40を運営するルーセントドアーズ株式会社代表の黒田真行が執筆しています。

cr40