リクルートキャリアが10月12日に発表した「転職時の賃金変動状況」によると、2017年7~9月期に「転職で1割以上賃金が上昇した転職決定者」の割合は29.9%と、調査開始以来、最高水準に達した。「いま転職した方が得なのではないか」と思う人も少なくないだろうが、本当にそうなのか。35歳以上の方々が転職のタイミングをどう考えればいいのか、その見極め方についてお伝えする。

年収変化で考える転職のベストタイミング

転職活動中の方にとって、「業界や職種が自分の希望に合っているか」や「会社の社風や価値観が自分とフィットするか」ということ以上に、「年収が上がるか、下がるか」は、もっとも気になる事項です。

リクルートキャリアが今回発表した「転職で1割以上賃金が上昇した転職決定者が29.9%となり過去最高を記録した」という調査結果は、年収を重視する転職検討者にとっては、追い風になるいいニュースです。求人倍率が上昇し、超人手不足時代となっているおかげで、売り手である転職者にとって非常に恵まれた環境になっていることは事実でしょう。

グラフ
前職比で賃金が1割以上増加した転職決定者数の割合(リクルートキャリア「転職時の賃金変動状況」)

新卒で社会に出るタイミングは、自分では選べません。現在のような売り手市場のタイミングで就職活動をすることができる人は、希望の就職がしやすいですし、逆にリーマン・ショック後のように景気が冷え込む時期に当たると、就職率そのものが低下するなど、厳しい就職戦線を強いられます。

しかし、転職の場合は、倒産や突然のリストラなど、予想外の事態で受動的に転職活動をしなければいけない状況にさらされなければ、基本的に自分でタイミングを選ぶことができます。そういう意味では、求人数が多く、年収が上がりやすい現在は、転職活動をするには、確実に好機といえると思います。

3年に1度は「妄想転職」で棚卸し

とはいえ、年収などの条件は、転職の満足度を決めるための重要条件ではありますが、やはり自分自身の志向や価値観、希望するキャリアの方向性とフィットしているかどうかは、長期的な仕事満足度に大きな影響を与えます。

特に、企業の実質的な年齢制限によって転職可能性が大きく減少し始める35歳からは、定期的にキャリアの棚卸しをしていく必要があります。結果的に転職するかどうかにかかわらず、できれば3年に1度はじっくり今後のキャリアを考える時間を取っていただきたいと思います。

倒産やリストラ、人間関係や評価の悪化など、受動的に転職活動を迫られるのと、自らのキャリア設計にのっとって、能動的に転職活動を始めるのとでは、転職活動時の心理状態や選択肢、合格可能性などがまったく変わってしまいます。常に自分が主導権を持って、能動的にキャリアに向き合っておくことは、人生全体の満足度を高めるためにも本当に重要だと考えます。

また、転職市場は、35歳、40歳、45歳、50歳、55歳と5歳刻みで求人数が半減を繰り返し、高齢化とともに選択肢が減少していく特徴があります。転職相談をしている際、このタイミングを考えないまま、環境に流されて転職活動する方が多いことはいつも残念に思っています。

たとえば勤務先企業の経営悪化が原因で41歳から転職活動を始める方のケースであれば、せめて1、2年前に、自分から主体的に転職活動を開始できているだけで、選択肢の数は2倍以上違っていたはずです。

実際に転職するかどうかは別として、40歳になる前にしっかりキャリアを検討していたら、その方の人生はまったく違ったものになっていたかもしれません。35歳を超えたら3年に1度は今後のキャリアを考えてほしいという理由は、ここにあります。

時機の読み方=「貢献できている」うちに次のキャリアを考える

キャリアの棚卸しをする、とはいっても、「そんなことはやったことがない」「就職活動以降、考えたこともない」という方も多いのではないでしょうか? 今後のキャリアをどうやって考えたらいいのかがわからないという方のために、ひとつのモノサシとして、下の図を作ってみました。

図
キャリアを棚卸しするためのモノサシ(黒田真行)

「現職企業での貢献度」×「現職企業への愛着(転職意向度)」×「市場性」という3つの尺度の掛け算で考えるというものです。

  • 現職企業での貢献度
    現在の職場で、自分が必要とされているかどうか、その度合いによって、キャリアチェンジをするかどうかを考えるモノサシです。もし自分が抜けると職場が回らない、迷惑をかけてしまうからという責任感の強さで、転職したくてもできないという方もいれば、降格や左遷などで、職場に必要とされていないから転職を考えるという方など、この観点はかなり転職意向に大きな影響をもたらす要素となります。
  • 会社への愛着
    長く勤めた会社に愛着がある、というのはきわめて自然なことだと思います。職場や仲間への愛着、取引先・顧客とのいい関係が続いているから、日常的に転職を考えたりしたことがないという方が時々います。非常に幸せな環境だと思います。逆に、企業風土や人間関係が合わずに、転職意向が高まっているというケースもあります。職場への愛着の温度感も、キャリアを考える構成要素のひとつです。
  • 市場性
    文字通り、自分の経験やスキルが転職市場でどれくらいの需要があるか、流動性を持っているかという観点です。転職を考えていなくても頻繁にスカウトを受けるケースもあれば、逆に転職したくてもなかなか応募先がないとか書類通過しないというケースもあり、キャリアを考える上で、もっとも重要なモノサシのひとつです。経験やスキルだけではなく、年齢や転職回数、性別などでも大きく可能性が変化するので、タイミングを考える際に、この市場性の相場観は必ず押さえておきたいポイントです。

ただし、この観点は、自分がどんなキャリアや条件を希望するかどうかで大きく変化するため、希望条件が明確でなければ相場を特定することができません。

上記の3つの観点で、自分自身がどういう組み合わせにあるのかを知ることで、今後のキャリアをどう進めるべきか、転職をどう考えるのかを考えるヒントになります。

組み合わせ別・キャリアの考え方イメージ

(例1) 1×A×X=「貢献度」「愛着」が高くて「市場性」も高い

<考え方> 現職企業との適合度も高く、やりがいもあるが、その蜜月がいつまで続くのか、将来的に適合しなくなる可能性がないかを考え、もしリスクがあるのであれば、キャリアの選択肢を検討し始めるタイミングかもしれない。

(例2) 1×A×Z=「貢献度」「愛着」が高いが「市場性」が低い

<考え方> 現職企業との適合度が高く、やりがいもあるが、自社でしか通用しないキャリアになっているため、勤務先への依存度が高い。今後、会社との関係が変化していく可能性があるなら、社外でも通用するスキルを意識して身に付けていく必要がある。

(例3) 3×C×X=「貢献度」「愛着」が低いが「市場性」が高い

<考え方> 自社に対して不適合状態になっている。しかも社外で通用する経験やスキルを保有しているので、早期に転職活動をしたほうがストレスを減らすことにつながる可能性が高い。不必要に転職回数を増やさないためにも、できるだけ長く働ける選択肢を選びたい。

(例4) 3×C×Z=「貢献度」「愛着」が低くて「市場性」も低い

<考え方> 自社に対して不適合状態になっている。しかし現在考えているキャリアの方向では、社外で通用する経験やスキルも少ないため、転職活動が長期化するリスクがある。自分が生き生きと働ける土俵がこれまで経験のない世界にある可能性も模索したい。

上記のような考え方を参考に、ぜひ「遅すぎず」「早すぎない」自分自身のキャリアの棚卸しをすることをお勧めします。長い仕事人生をより楽しく、意味あるものにするために、頭の中で選択肢を常に広げ続けてください。


※この記事は日経電子版「NIKKEI STYLE」に掲載されました。CR40を運営するルーセントドアーズ株式会社代表の黒田真行が執筆しています。

cr40