仕事に求める価値観の4パターン

就職や転職での安定志向が強まっている。ディスコの「キャリタス就活」調査によると、2018年3月に大学を卒業する学生が、就職先企業を選ぶ際に重視した項目の第1位は「安定していること」で、47.6%に上った。学生に限らず、私が転職活動をサポートしている40歳以上のベテラン社会人の中にも、「現在の会社の将来が不安なので、転職先には安定性を求めたい」という方が非常に多い。だが、皮肉なことに転職市場では、「安定性を求めれば求めるほど、逆にリスクが高まる」傾向があるのだ。

安定か変化か 組織か仕事か

リクルートマネジメントソリューションズが定期的に実施している「新人・若手の意識調査」に、働く価値観を以下の分類で取りまとめたリポートがあります。仕事に求める価値観として、まず「安定志向か、変化志向か」というヨコ軸、もうひとつが、「組織志向か、仕事志向か」というタテ軸です。文字通り、どちらをより重視して働いているかを問う形式で、この組み合わせによって図の4パターンに分けられます。

転職記事 20180209
仕事に求める価値観の4パターン

ちなみに14年の調査では、A、B、C、Dの順番で出現率が高かったそうです。この分類に、ご自身の志向を重ね合わせるとどのタイプになるでしょうか。ぜひ一度プロットしてみてください。

私が転職相談でお会いする40歳以上の方々を大まかに分類すると、

  • 安定重視か変化重視かでは、安定を希望する人が7割
  • 組織重視か仕事重視かでは、組織重視という人が6割

という比率になります。結果的に40歳代以上のミドル世代の転職活動では、「A=安定×組織」志向の出現率がいちばん高くなり、それとは正反対の「C=変化×仕事」志向が最も少ないというのが実感値です。

問題は、ここからです。すべての方の希望する条件に合う求人案件ができるだけピッタリ見つかることが理想ではあるのですが、現実はあらゆる観点でミスマッチが存在しています。どれだけ熱望している条件でも、経験・スキル、年齢、地域、タイミングなどで、希望がかなわないこともしばしばあります。

中でも最も多いミスマッチの一つが、「A=安定×組織」志向の方の希望にフィットする求人が少ないことです。メガバンクや電機業界などのニュースでご存じの通り、IT(情報技術)やAI(人工知能)の活用で世界に後れをとってしまった日本では、これまで「安定性の象徴」だったような超巨大企業があらゆる局面で苦戦を強いられ、事業撤退や買収、リストラなどの嵐が吹き荒れています。

もちろん、需要増加で人手不足という側面もありますが、それらはITやAIなどのテクノロジー分野、建設や医療・介護などの専門職領域、それ以外のサービス業などに集中しています。従来、「安定性の受け皿」であった重厚長大企業群は、新たに人を採用しているどころではないという状況になっています。

そのため、転職活動で安定性を条件に挙げてこだわり続けると、応募先が極端に少なくなってしまう、あるいは応募したい企業が1社もない、という事態に陥りがちです。時間の余裕があれば持久戦に持ち込むことはできますが、理想の求人と出合えるまでに数カ月かかるのか、数年かかるのか、見通しが立てられないリスクにぶち当たってしまいます。

また、運よく希望に近い求人があった場合でも、同じような条件を持つ人が多いため、募集1人の枠に数十人、数百人と応募者が殺到して、かなりの激戦になることも往々にしてあります。したがって、自分が求めている「安定性の定義」を定期的に見直してみるなどの対応が重要です。

変化を志向したほうが、安定しやすくなる矛盾

1995年ごろのインターネットの登場以降、企業を取り巻く環境は激変し、現在は100年に1度レベルの構造変化を、数十年かけて進めている最中にあります。これまで安定していた企業が徐々に不安定になり、もともと脆弱で不安定だったベンチャー企業が新たなスタンダードを創り出して安定企業になっていくといったように、産業の新陳代謝が徐々に加速しています。

そのような環境下で、

  • 企業規模がより大きな企業のほうが安定しているはずだ
  • 歴史があるメーカーや金融機関のほうが安定しているはずだ
  • 退職金制度が整っている会社であれば安定しているはずだ

というような、従来型の「安定性」のモノサシで転職活動をしていると、「安定を求めれば求めるほど不安定になる」というリスクが高まってしまいます。

逆に言えば、自分なりに可能性を感じるベンチャー企業を見つけて、あえてリスクを取り、一緒に事業を育てる仕事にチャレンジしたほうが、結果的に安定が手に入るという事例が頻繁に生まれています。ここでいうリスクとは、企業規模が小さくなったり、年収やポジションなどが一時的に下がってしまったり、手厚い福利厚生や退職金制度などを失ったりすることです。

ただ、構造が大きく変化している時代だからこそ、変化に賭けたチャレンジが、より大きな充足感を生む可能性は、20世紀とは比べものにならないくらい高まっているといえるでしょう。一方で、重厚長大企業で巻き起こっているリストラの嵐のように、リスクを恐れて動かなかったことが、より大きなリスクにつながってしまうというケースも非常に増えています。

また、安定性を重視する人の傾向として、「一度手にした処遇や権利を手放したくない」という心理が、リスク志向の人に比べて非常に強く働く側面があります。すでに得た権利や収入を失いたくないというのは、人間にとって当たり前の心理ではあるのですが、それが絶対条件になってしまうと、転職市場で極端に選択肢が減ってしまうというデメリットにつながってしまいます。

勝ち馬を探すより、自分が輝ける場を選ぶ

もちろんベンチャー企業への転職が百発百中で成功するわけではなく、事業が軌道に乗らない会社もあります。しかし、自分自身が全力でチャレンジしていれば、誰かがその姿を見ていて、また新たな会社で新たなチャンスが与えられやすい、というネットワーク性も、ベンチャー企業の特徴のひとつです。

なんとなく「規模が大きい企業のほうが安定しているはずだ」「やはりベンチャーは危ない」と思い込んでいる安定志向の人は、業績が下降傾向にある既存の大企業のリスクには鈍感です。その割には、伸び盛りのベンチャー企業のリスクには敏感で、事業の将来性や具体的な仕事の中身を検討することなく、食わず嫌い的にベンチャー企業を忌避する傾向があります。

「上場の可能性があるなどベンチャー企業の醍醐味は理解できるのですが、やはり自分はベンチャーには向いていないと思います。次の転職で最後にしたいので、規模が大きく、安心して生涯働ける会社はありませんか?」という話の流れになりがちです。

転職相談の時間のほとんどが、「どこかに掘り出し物の安定企業はないか?」という話題で占められ、「これまでの自分のキャリアを活用して貢献ができる仕事はないか?」という問いかけはめったにありません。「勝ち馬探し」型の転職をすべて否定するわけではありませんが、自分がどんな成果を生み出せるかという「GIVE」の視点がなく、自分にとって良い条件だけを求める「TAKE」だけの視点では、過去のキャリアがどれほど豊富でも、企業に魅力を感じてもらえないでしょう。

これからの時代を働いていく中で、本気で安定性を追求するには、乗っているだけで生涯安泰という「幻の勝ち馬」を探すことよりも、より自分が活躍できそうなミッションや機会を探し、自らの成功体験を積み上げていくことが最短距離になるはずです。

※この記事は日経電子版「NIKKEI STYLE」に掲載されました。CR40を運営するルーセントドアーズ株式会社代表の黒田真行が執筆しています。


cr40