なりたい自分を明確にする 働く目的を決めておくと、なぜラクになるのか?

「明確で具体的な目標に向かって、迷うことなくキャリアを積み重ねられたらいいのに」と思うことはないでしょうか。かくいうパラフト編集部のメンバーも、まっすぐにキャリアを積んできた者はほとんどおらず、ともすれば、「どんな方向に進めばいいか」の答えを教えてほしいと思ってしまいます。今回は、ミドル層の転職を支援する、ルーセントドアーズ代表の黒田さんに、自分の使命を書き出してみる方法を教えていただきました。試してみれば、あなたもキャリアの道筋が見えるようになるはず。
続きを読む

広告

銀行大リストラで激震! 転職市場はどう変わるのか?

みずほフィナンシャルグループ(FG)が1万9000人の人員削減を発表し、三菱UFJと三井住友の両FGがそれぞれ9500人、4000人相当の業務量削減を検討中というニュースが、雇用マーケットで激震を生んでいる。銀行が不要な時代がやってきたとか、人工知能(AI)が人間の仕事を奪っていくのではないかなど、様々な見方がある中、転職市場の地殻変動としてこのニュースが暗示している未来と、ビジネスパーソンが生き残るための処方箋について考えてみたい。
続きを読む

優秀人材に「逃げられる会社」の共通項

優秀人材が集まるような「選ばれる会社」は少数―。国内最大級の転職サイト「リクナビNEXT」元編集長で数多くの企業の“HRの現場”に詳しいルーセントドアーズ代表の黒田さんが3,000人以上のマネージャー人材を対象に実施した調査からは、こんな実態が浮き彫りになりました。具体的な“証言”などをもとに「選ばれない会社」の共通項、「選ばれる会社」になるための方策を黒田さんに考えてもらいました。あなたの会社は「選ばれる会社」の条件を備えていますか?
続きを読む

転職か否か「仕事余命」で決断、40歳からの働き方

厚生労働省が7月に発表した調査結果によると、2016年の日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳で、いずれも過去最高を更新した。今後まだまだ長寿化は続き、90歳まで生きる人はさらに増加していくはずだ。一方で、仕事生活の終着点である定年は約80%の会社が60歳だが、再雇用制度で契約社員として65歳まで雇用が延長されるケースが多い。ミドル世代が転職や起業などのキャリアを考える上で、この終着点からの逆算は非常に重要。今回は「仕事余命」を踏まえたキャリア構築の考え方をお伝えする。
続きを読む

それぞれの成長の仕方 「誰かと自分を比べる生き方」は 自分を成長させるのか?

同期の中でトップを目指すことにモチベーションを感じ、意欲を燃やす人がいる一方で、仕事を通じて自分の得意なことが磨かれていくことに喜びを感じる人もいます。仕事をするモチベーションを何に感じるかは、人それぞれ。それに伴い、キャリアにおける成長の仕方も人それぞれです。ミドル層の転職を支援する、ルーセントドアーズ代表の黒田さんに、キャリアにおける成長の軸について伺いました。
続きを読む

一寸先は闇、年収1200万円にこだわった転職者の後悔

厚生労働省が8月29日に発表した7月の有効求人倍率は、前月比0.01ポイント上昇の1.52倍だった。5カ月連続の上昇で、1974年2月(1.53倍)以来43年5カ月ぶりの高水準となっている。転職市場は、圧倒的な売り手市場と言ってもよい状況だが、そんな環境の中でも、転職後の状況に大いに不満を感じている人が多くいるのも現実だ。今回は、豊富なキャリアを持ちながら、年収にこだわったために納得いく転職活動ができなかった元大手証券マンの「最大の後悔」を紹介する。
続きを読む

35歳までに「自分の本職」を決めるべき3つの理由

「正社員の求人倍率、初の1倍超え」というニュースが話題になりました。しかし、ミドル世代の転職によるキャリアアップはそう簡単ではありません。求人数が伸び、選択肢が増えていることもあってか、転職相談をしていると「自分のキャリアをどう描けばいいかわからない」という人が多くいます。これでは意中の企業は振り向いてくれません。今回は、35歳までに「自分の本職」を決定しておくべき理由と、そのためのキャリアづくりについてお話しします。
続きを読む

武器は思考力と行動力 「正解のない時代」に、 自分のキャリアをどう描くべきか?

私たちが子どもの頃、これほどまでにインターネットの普及した世界を想像できたでしょうか。遠い未来の技術のように思えた自動車の自動運転も、実現の目途が立っています。変化するスピードがどんどん加速していく今、私たちは自らのキャリアをどう描くべきなのでしょうか。ミドル層の転職を支援する、ルーセントドアーズ代表の黒田さんに、その手がかりを伺いました。
続きを読む

「転職で年収増、4年連続」 朗報の裏で広がる格差

リクルートキャリアが7月中旬にまとめた調査によると、転職前後で賃金が1割以上増えた人の割合が2016年度は28.7%と4年連続で上昇した。また、「金融危機直後の09年度の18.9%と比較して大幅に改善している」という。実態はどうなのか。変化する転職市場の未来予想図はどうなるのか。事例とともに掘り下げてみた。 続きを読む

「優秀人材」に選ばれない会社に明日はない

「雇用する」から「選ばれる」へ―。国内最大級の転職サイト「リクナビNEXT」元編集長で数多くの企業の“HRの現場”に詳しいルーセントドアーズ代表の黒田氏は「優秀な人材に選ばれない会社は、数年内に過酷な運命にさらされるでしょう」と指摘します。どんな経営者も「優秀な人材」を採用したいと思っています。しかし、少子高齢化×働き方改革は、口先の願望どまりで本気で変わろうとしない会社に「退場」を促す。そんなちょっと怖い予測も黒田さんはしています。この連載は、よくありがちな「優秀人材を集めるノウハウ」ではありません。企業経営にとって、すぐそこにある危機を打開するための、ホントの知恵と未来への提言です。
続きを読む