会社に飼い殺されない! 35歳からの逆転キャリア術

「将来への不安」を感じている人は全体の77%、さらに30歳代から60歳代までの不安内容のトップは「老後の生活」だという(連合「日本の社会と労働組合に関する調査」2017年4月)。そんな不安を払拭するためには、どうキャリアアップしていけばよいのか。転職が当たり前の時代には、「長く会社にいて何でもできる気がするけど、実は何もできない」という飼い殺し社員にならないことが肝要だ。社外でも通用する力を身につけ、求人が急減する「35歳の壁」を超えていく方法とは――。

40歳からの転職 「安定志向」が最大のリスク招く理由

就職や転職での安定志向が強まっている。ディスコの「キャリタス就活」調査によると、2018年3月に大学を卒業する学生が、就職先企業を選ぶ際に重視した項目の第1位は「安定していること」で、47.6%に上った。学生に限らず、私が転職活動をサポートしている40歳以上のベテラン社会人の中にも、「現在の会社の将来が不安なので、転職先には安定性を求めたい」という方が非常に多い。だが、皮肉なことに転職市場では、「安定性を求めれば求めるほど、逆にリスクが高まる」傾向があるのだ。

武器は思考力と行動力 「正解のない時代」に、 自分のキャリアをどう描くべきか?

私たちが子どもの頃、これほどまでにインターネットの普及した世界を想像できたでしょうか。遠い未来の技術のように思えた自動車の自動運転も、実現の目途が立っています。変化するスピードがどんどん加速していく今、私たちは自らのキャリアをどう描くべきなのでしょうか。ミドル層の転職を支援する、ルーセントドアーズ代表の黒田さんに、その手がかりを伺いました。

事例8)夢の地方転職で大失敗したIさん

Iさん(●歳)は、IT系企業の営業担当者でした。転職を希望して求人サイトに登録したり、人材紹介に登録したりしていましたが、すぐに転職したいというわけではなく、いい求人があったら転職したいという程度の、まったく急いでいない求職者でした。

事例7)「スカウト」という甘い言葉にそそのかされて痛い目を見たHさん

Hさん(●歳)は静岡県に在住で、県内での転職を考えていました。これまでに転職の経験はなく、とりあえず求人サイトに登録したところ、「スカウト」と書かれたメールが届きます。

事例5)転職後を「短期的」にしかとらえられないFさん

Fさん(44歳)は、大学を卒業して大手証券会社に入り、約15年間働きました。中規模支店の責任者だった38歳のとき、大学時代の体育会系の先輩に声をかけられ、その先輩の父親が社長を務める社員数300人規模の不動産仲介会社の管理部長に転職しました。年収1200万円から1400万円へのキャリアアップ転職でした。

シャープ元社員が伝えておきたい「後悔しない働き方」

国産初のテレビや電子レンジから、液晶ビューカム、ザウルス、プラズマクラスター、AQUOS(アクオス)など、画期的な製品を世に送り出してきた家電メーカーの雄、シャープ。経営悪化を理由に45歳以上の社員を対象に希望退職を募り、3200人を超える社員が去ってから1年。経営の中枢で活躍した元幹部社員に、ミドル世代のビジネスパーソンに伝えておきたいメッセージを語っていただきました。

転職して初めて気づく「大企業病」5つの症状

35歳以上のミドル世代が転職する場合、大企業から中堅中小企業、または創業まもないベンチャー企業へと、企業規模をまたぐ移動が多く生まれます。ただ、残念ながら入社後に「こんなはずじゃなかった」と思われるケースも多々あります。