「社長の右腕」に抜てきされる人 不可欠な10の特徴

先日、厚生労働省が発表した2017年10月の有効求人倍率は1.55倍で、1974年1月以来、43年9カ月ぶりの水準になった。高度経済成長期に匹敵する人材不足、売り手市場の傾向は、ミドル世代の転職にも少なからず影響しているが、最近、M&A(合併・買収)や経営層の若返りにより、転職相談の場で、優れた経営者の参謀を務めた方、大企業や有名なベンチャー企業でナンバー2だった方と会う機会が増えた。「社長の右腕」といえる人たちには共通点がある。経営者に頼られ、成功する人材の条件とは――。

部下という存在を乗り越える? 「上司の上司」目線が、なぜ重要なのか?

「上司はなんでこんな仕事を寄越してくるんだろう」会社組織はもちろん小規模なチームでも、上司に対する不満は出やすいもの。今回、ミドル層の転職支援・ルーセントドアーズ代表の黒田さんが教えてくれるのは、とある“社畜”の驚くべきヒトコト。上司とのコミュニケーションはもちろん、自身のキャリアを高めるためにも『直属の上司レベルの目線では足りない』、その言葉の真意とは?

自らの力で評価を塗り替えよ 「こんなに頑張っているのに評価されない」のはなぜか?

ルーセント・ドアーズ代表取締役の黒田真之さんによる、キャリアを考えるコラム第6弾は「評価制度への不満」です。自分はもっと高い評価を受けるべきなのに……と、悶々としていませんか? どうしてもズレが起きやすい自己評価と他者評価の実情を、これまで2,000人以上の求職者に出会ってきた黒田さんの視点から語っていただきます。「認められない」ことを理由に転職するかどうか悩んでいるアナタ、必読です。

自らのキャリアに利己的であれ 「上司がアホだから転職」は、なぜ失敗するのか?

転職支援サービス ルーセントドアーズ代表取締役の黒田真行さんによる、これからのキャリアを考えるための連載第4弾! 今回は、20代に特に多く見られるという転職理由「上司がアホだから」を切り口に、キャリア設計を考えてみます。キャリアチェンジをするのは一体誰のため? 深呼吸をしながら原点に立ち返ってみましょう。