会社に飼い殺されない! 35歳からの逆転キャリア術

「将来への不安」を感じている人は全体の77%、さらに30歳代から60歳代までの不安内容のトップは「老後の生活」だという(連合「日本の社会と労働組合に関する調査」2017年4月)。そんな不安を払拭するためには、どうキャリアアップしていけばよいのか。転職が当たり前の時代には、「長く会社にいて何でもできる気がするけど、実は何もできない」という飼い殺し社員にならないことが肝要だ。社外でも通用する力を身につけ、求人が急減する「35歳の壁」を超えていく方法とは――。

なりたい自分を明確にする 働く目的を決めておくと、なぜラクになるのか?

「明確で具体的な目標に向かって、迷うことなくキャリアを積み重ねられたらいいのに」と思うことはないでしょうか。かくいうパラフト編集部のメンバーも、まっすぐにキャリアを積んできた者はほとんどおらず、ともすれば、「どんな方向に進めばいいか」の答えを教えてほしいと思ってしまいます。今回は、ミドル層の転職を支援する、ルーセントドアーズ代表の黒田さんに、自分の使命を書き出してみる方法を教えていただきました。試してみれば、あなたもキャリアの道筋が見えるようになるはず。

「転職で年収増、4年連続」 朗報の裏で広がる格差

リクルートキャリアが7月中旬にまとめた調査によると、転職前後で賃金が1割以上増えた人の割合が2016年度は28.7%と4年連続で上昇した。また、「金融危機直後の09年度の18.9%と比較して大幅に改善している」という。実態はどうなのか。変化する転職市場の未来予想図はどうなるのか。事例とともに掘り下げてみた。

事例4)自分の軸がない「カメレオン・シンドローム」のEさん

Eさん(37歳)は、超一流私立大学を出て、大手企業に入社した女性です。これまでに営業や広告制作、制作管理など、いくつもの仕事を経験してきました。現在は、自分の希望で移った広告企画の仕事をしているのですが、これが思っていたほど肌に合わず、かつ上司とも合わないため転職を考えるようになり、私のところに相談に来ました。

あなたは自分を雇いますか? 転職成功に不可欠な視点

転職活動のお手伝いをしている中で、履歴書や職務経歴書の書き方、あるいは面接の事前練習のご相談を受ける機会がよくあります。そこで気になることの一つに、「自己PRの壁」があります。ただでさえ慣れていない転職活動で、どう自分をアピールすべきかわからないというのは当然ですが、「雇う側の視点」を意識するだけで、見違えるほど強いプレゼンテーションに変化することがあります。今回は、そのポイントについてお話ししたいと思います。