退職者が続出する組織パターン

「社長、うちの会社は何を目指しているのでしょうか?」

ITエンジニアの受託開発や派遣事業で急成長してきた会社を経営するAさん(42歳)。

27歳で大手システム開発会社を退職、一念発起して会社を起業し、マンションの一室からスタートした。それから15年、リーマンショックも乗り越えて、企業規模も150名、売上・利益も上場を目指せるくらいのレベルに育て上げてきました。

「働き改革」は、未来の環境激変に対する“最低限の備え”

「働き方改革」。

首相官邸ホームページによれば、その意図するところは「一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。多様な働き方を可能とする」ことだとされています。

実際、「働き方改革」のメニューには、最低賃金の引上げ、副業解禁、労働時間の“総量規制”など“会社と働くヒト”の関係を根本から変えるような項目が並んでいます。

己の才能に対して失礼な生き方をしていないか

私がよく言うのは、「墓標に何と刻みたいのか」を考えてくださいということです。

「年収1000万円の男ここに眠る」と墓標に刻みたいのであれば、年収にこだわればいいと思いますが、多くの人はそうではないはずです。

自分の強みやポータブルスキルの見つけ方

必ずしも、ここに書かれたものだけがポータブルスキルなわけではありませんが、専門知識・専門技能以外に、自分にどんな強みやスキルがあるのかを考えるのに役立つと思います。

たとえば、前に紹介した「同じ大企業からの転職で明暗を分けた」事例のBさんは、自分の強みを「状況を正確に分析して、変化の材料を集めて、そこに戦略の勝ち筋を見つけていくこと」だと自己分析していました。これが、Bさんの「仕事のし方」のポータブルスキルなのです。

最初に考えるべきは「同業界」「同職種」への転職

まず、当たり前の話ですが、ミドルの転職では、同業界、同職種への転職を希望する人が圧倒的多数です。自分がこれまでいた業界で得てきた知識なり、就いていた職で磨いてきたスキルなり、経験を転職後も活かそうと考えれば、至極自然なことでしょう。