上限40歳の募集、47歳部長が転職に成功した3つの理由

リクルートワークス研究所の調査によると、「転職の満足度」は20代前半の70.2%をピークに60代の40.6%まで、年齢とともに低下傾向がみられるそうです(2015年3月発表「ワーキングパーソン調査」)。しかし、そんな中でも満足度の高い転職を実現しているミドル世代は、確実に存在しています。今回は、40歳までという年齢制限がありながら、営業責任者の募集で採用された47歳のAさんのケーススタディーをもとに、豊富な経験にとどまらず、ミドル世代が企業に求められる資質についてお話ししたいと思います。

なんでアイツが俺の部署に!? 部下を呪う課長の話

業績が思うようにつくれないとか、不運やミスが重なって責任が果たせないというような仕事上のスランプは誰にでもやってきます。そんな時にどんな対応を取るのかという行動習慣が、ときにその人の業務遂行能力をあらわにしてしまうことがあります。特に、人をマネジメントする立場になると、上司・部下・顧客など360度、多様な角度からの評価を受けることになります。

会社を辞めた40代課長3000人の「転職のリアル」

数字の上ではバブル期を超えたといわれる転職市場の活況は今も続いています。ただ、1990年代以降、時代とともに転職市場の内容は徐々に変質しています。2016年も終わりに近づいた現在、40代課長職の転職の中身はどうなっているのか? 転職コンサルタントとして、日々、転職活動の方々からお聞きしている内容をもとに、その実態をご紹介します。