転職の悲劇を生む 「人が辞める会社」8つの共通点

 

「次の転職を最後にしたい。一生働ける会社を見つけたい」。ミドル世代の転職相談で、特によく伺うことが多いリクエストです。労働政策研究・研修機構の「勤労生活に関する調査」(2016年)では、「1つの企業に長く勤め管理的な地位や専門家になるキャリアを望む者」の割合は50.9%と過半数に及んでいます。

不本意な人事評価にメゲない「3つの対処法」

「こんなに頑張っているのに評価してくれない」という不満は、転職を考えるきっかけで最も多い理由の一つです。米国の心理学者、エラノー・ウイリアム教授とトーマス・ギロビッチ教授の共同研究によると、自己評価は「自分が最も良かった状態」が基準になり、他者評価は「その人の行動の良いときと悪いときの真ん中」が基準となるそうです。

退職者本人も気づいていない退職理由

意外に思われるかもしれませんが、退職する本人が明確に退職理由を把握しないまま会社を辞めてしまうという現象も多々あります。

実際には、「この会社にいてもキャリアアップが望めない」とか、「仕事内容が自分に合っていない」などと表向きは言葉にしていても、内実は、退職する理由を明確に特定できていないというケースです。

会社を辞める、というきわめて重要な意思決定なのに、なぜこういうことが発生してしまうのでしょうか?

なぜ人は会社を辞めるのか?退職理由は大きく2つ

「条件不一致」か?「働きがい不一致」か?

入社試験、面接、あるいは内定受諾の瞬間に、「がんばります」「期待しているよ」と、熱く言葉を交わし合った人と企業の関係が、なぜ解消することになってしまうのか?

もっと言えば、なぜ従業員の熱が冷めてしまい、退職することになってしまうのか?

転職支援アドバイザーとして、多数の方の転職相談をさせていただく中で、実に多種多様な退職理由をお聞きしてきました。

なんでアイツが俺の部署に!? 部下を呪う課長の話

業績が思うようにつくれないとか、不運やミスが重なって責任が果たせないというような仕事上のスランプは誰にでもやってきます。そんな時にどんな対応を取るのかという行動習慣が、ときにその人の業務遂行能力をあらわにしてしまうことがあります。特に、人をマネジメントする立場になると、上司・部下・顧客など360度、多様な角度からの評価を受けることになります。