退職者本人も気づいていない退職理由

意外に思われるかもしれませんが、退職する本人が明確に退職理由を把握しないまま会社を辞めてしまうという現象も多々あります。

実際には、「この会社にいてもキャリアアップが望めない」とか、「仕事内容が自分に合っていない」などと表向きは言葉にしていても、内実は、退職する理由を明確に特定できていないというケースです。

会社を辞める、というきわめて重要な意思決定なのに、なぜこういうことが発生してしまうのでしょうか?

なぜ人は会社を辞めるのか?退職理由は大きく2つ

「条件不一致」か?「働きがい不一致」か?

入社試験、面接、あるいは内定受諾の瞬間に、「がんばります」「期待しているよ」と、熱く言葉を交わし合った人と企業の関係が、なぜ解消することになってしまうのか?

もっと言えば、なぜ従業員の熱が冷めてしまい、退職することになってしまうのか?

転職支援アドバイザーとして、多数の方の転職相談をさせていただく中で、実に多種多様な退職理由をお聞きしてきました。

退職者が続出する組織パターン

「社長、うちの会社は何を目指しているのでしょうか?」

ITエンジニアの受託開発や派遣事業で急成長してきた会社を経営するAさん(42歳)。

27歳で大手システム開発会社を退職、一念発起して会社を起業し、マンションの一室からスタートした。それから15年、リーマンショックも乗り越えて、企業規模も150名、売上・利益も上場を目指せるくらいのレベルに育て上げてきました。

転職理由はネガよりもポジを強調する

面接で必ずと言っていいほど聞かれるのが、転職理由です。前の会社の辞職理由と言い換えてもいいかもしれません。

「なぜ転職したいのか」「なぜ前の会社を辞めたのか(辞めたいのか)」といった質問には、正直に答えるのが基本ですが、あまりにネガティブな理由ばかりをあげるのはマイナスでしょう。

優秀人材に「逃げられる会社」の共通項

優秀人材が集まるような「選ばれる会社」は少数―。国内最大級の転職サイト「リクナビNEXT」元編集長で数多くの企業の“HRの現場”に詳しいルーセントドアーズ代表の黒田さんが3,000人以上のマネージャー人材を対象に実施した調査からは、こんな実態が浮き彫りになりました。具体的な“証言”などをもとに「選ばれない会社」の共通項、「選ばれる会社」になるための方策を黒田さんに考えてもらいました。あなたの会社は「選ばれる会社」の条件を備えていますか?

自らの力で評価を塗り替えよ 「こんなに頑張っているのに評価されない」のはなぜか?

ルーセント・ドアーズ代表取締役の黒田真之さんによる、キャリアを考えるコラム第6弾は「評価制度への不満」です。自分はもっと高い評価を受けるべきなのに……と、悶々としていませんか? どうしてもズレが起きやすい自己評価と他者評価の実情を、これまで2,000人以上の求職者に出会ってきた黒田さんの視点から語っていただきます。「認められない」ことを理由に転職するかどうか悩んでいるアナタ、必読です。

脱藩型か? 逃亡型か? 「転職理由」が人生を左右する

業界や職種、役職にかかわらず、転職のサポートを開始する際に最も重要な質問項目は「何のために会社や仕事を変えようとしているのか?」という問いです。この答えの内容によって、一人ひとり、転職の選択肢や、転職後の満足度が大きく変化する可能性があるからです。さらに言えば、この質問に対する答えが、最終的に転職するかどうかということに関係なく、仕事人生そのものの満足度を左右するカギでもあると考えています。

自らのキャリアに利己的であれ 「上司がアホだから転職」は、なぜ失敗するのか?

転職支援サービス ルーセントドアーズ代表取締役の黒田真行さんによる、これからのキャリアを考えるための連載第4弾! 今回は、20代に特に多く見られるという転職理由「上司がアホだから」を切り口に、キャリア設計を考えてみます。キャリアチェンジをするのは一体誰のため? 深呼吸をしながら原点に立ち返ってみましょう。

会社を辞めた40代課長3000人の「転職のリアル」

数字の上ではバブル期を超えたといわれる転職市場の活況は今も続いています。ただ、1990年代以降、時代とともに転職市場の内容は徐々に変質しています。2016年も終わりに近づいた現在、40代課長職の転職の中身はどうなっているのか? 転職コンサルタントとして、日々、転職活動の方々からお聞きしている内容をもとに、その実態をご紹介します。

40代の転職は「リスク回避の落とし穴」に要注意!

40代の転職は、まだまだ挑戦的な30代や、残りの仕事人生に賭ける50代と異なり、住宅ローンや子供の学費などの世代環境なども重なり、どうしても「守りの転職」になってしまいやすい側面があります。守ろうとすればするほど、選択肢が狭くなり、転職するにしても、転職を思いとどまって会社に残るにせよ、不完全燃焼になってしまう可能性が高まります。